丘の上まで駆け上がった11歳の夏

「ステーキ」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるはず。無関心な人も。君が思う「牛丼」って、どうだろう?
トップページ >
ページの先頭へ

暑い火曜の夜に食事を

一眼レフも、実に夢中になってしまうけれど、それ以前にハマると言うくらい好きなのがトイカメラだ。
4000円出せば取り組みやすいカメラが気軽に所有できるし、SDがあればPCですぐに再生できる。
臨場感や、感動の一瞬をシャッターに収めたいなら、性能のいいカメラがお似合いだと思う。
だけど、そこの空気や季節感を収める時には、トイカメラには他の何にも負けないと思案する。

息絶え絶えで口笛を吹く姉ちゃんと暑い日差し
辺ぴなところに住んでいたら、インターネットでものが手軽に買えるようになったのが、すごく助かる。
それは、大型の本屋が市内に一軒だけしかなく、品ぞろえもひどいから、購入したい雑誌も買えないからだ。
取り寄せるよりはネットで購入するほうが簡単だ。
だって、本屋に行くのに車で30分近くかかるから非常にめんどうだ。
ネットに慣れたら、なんでもオンラインショップで買うようになった。
他のものもインターネットで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安いし、型番商品は絶対にネットショップ買いだ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

風の強い木曜の晩にお菓子作り

「誰が何を言おうとこうで間違いない!」と、自分自身の価値観のみで周囲を裁くのは悪い事ではないと思う。
とは言っても、世の中には、自我と言われるものが個人の周辺に漂っている。
これらを考えれば自信を手に入れるのは良いけれど、きつく反論するのはどうかな?と考える。
これ、私の考えでしかないんだけれど。
生きにくい世の中になるかもしれない。

雹が降った大安の早朝はシャワーを
time is moneyとは、見事な格言で、ぼーっとしていると、見事にあっという間に自由な時間が無くなってしまう。
もっと早く勉強も提出物も終わらせることが出来れば、これ以外の事に時間を回すことが出来るのに。
例えば、ジムに行ったり、自炊したり、英会話テキストを手に取ったり。
とのことで、最近はしゃきしゃきこなそうと努力しているが、どれだけ出来るのか。

陽の見えない土曜の午前に散歩を

オフィスで働いていたころ、会社を辞める機会が持てなかった。
どうしても辞めたかった訳ではないから。
働く情熱がなかったのかもしれない。
なぜか、ある日、ハッキリ辞めると口にした。
こんな日に何でか、いつもは少し厳しいと印象を抱いていたKさんが、話しかけてきてくれた。
話の中で、この気持ちを知るはずもないKさんが「この業種、しんどいよね。君はもうちょい続くよ」といった。
なぜか胸が痛くなった。
このことから、会社の帰りに、会社に辞職を無かったことにしてもらった。

笑顔で大声を出す兄弟と壊れた自動販売機
驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房もついていない。
よって、扇風機とよく冷えたペットボトルを飲みながら作業をする。
昨日、扇風機を動かそうと思いつき、スイッチを付けたまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯が停止したので「え・・・?」と思い,手元を見た。
驚いたことに、邪魔をしているのはまさに自分の人差指だった。
手を放すと、また扇風機は回転しだして、邪魔をしていたその指からは血がにじんできた。
まったく痛みも感じなかったが、しっかりしようと考えた。

陽の見えない日曜の午後はこっそりと

近頃のネイルサロンは、ジェルなど、かなり高度な技術が使用されているみたいだ。
ちょっぴり安くなる招待券をくれたので来店した。
思いっきり、色や雰囲気に関して、こだわってしまうので、決めるのに時間を要した。
親指だけちょっとアートをしてもらって、とてもテンションが高くなれた。

涼しい水曜の夜は食事を
いつも、Eくんから送られるE−MAILのなかみは、何を語りたいのかまったくわからない。
酔ってても飲んでなくてもよく理解できない。
しかし、E君が社内で考えたという、会社の商品の梅干しに関してと、募金についての文章を見た。
まともな文書を書いてる!と思い、びっくりした。

凍えそうな祝日の日没は微笑んで

たばこは脳に悪い。
など、指摘されても購入してしまうらしい。
正社員として働いていた時代、仕事で知り合ったデザイン会社の重役の年配の方。
「この体が病気一つしないのはニコチンと日本酒のおかげです!」と明るく言い切っていた。
これくらい聞かされるとストレスのたまる禁煙はしなくてもOKかもしれないと思う。

雹が降った火曜の日没に熱燗を
出張営業に出ると、一週間くらい帰ってこれない日々がある。
その間、やる気はありだけれど、すごく緊張しているので、ほとんど眠れない。
起床予定時間の相当前に、眠いのに目が覚める。
しかし、終了後の達成感は気に入っている。
思う存分遊んでしまうし、寝れるし、食べる。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 丘の上まで駆け上がった11歳の夏 All rights reserved.